*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


毎日暑い~~~!! 夏真っ盛りですね
熱中症が怖いので子どもたちにも常に水分&塩分補給!とうるさく言っています。
私が子どものころはこんなに暑くなかったような気がするけどなぁ・・・・。

さて、夏休み突入直後から始まっていた特別水泳ですが、アイナは結局7日間あるうちの1日しか参加することが出来ませんでした。 というのも体調が整わなかったからなんだよね。
唯一参加できた日に50mのタイムを計ったらスイミングスクールの自己ベストより3秒も早い記録が出て、200m自由形リレーのメンバーには確実に名前が入り、これで区大会で良い成績が出ると市大会出場も夢じゃない!ととても喜んでいたんですが・・・・。
本人も本当に本当に出たくてずっとこれを目標に4年生から毎年頑張ってきたんだけど、体調ばっかりはどうしようもなくてねぇ。 当然ものすごく落ち込んでいました。 母ちゃんにはギュッと抱きしめてあげてアイナの悔しい気持ちを一緒に感じることしかできなかったよ。 でも対応してくれたベテランの先生が
『またきっと別の場面でチャンスがあるはず。 それに向かって頑張ろう!』
と励ましてくださったのでアイナも吹っ切れたみたい。
「別の事でがんばる!」
と新たな目標を模索中です。
がんばれ!!






スポンサーサイト

自閉症を含む発達障害について、わかりやすく書いてあります。
こういう子たち・人たちがいるのが当たり前の世の中であると、もっともっと理解が進んで欲しいと思います。

↓↓ Let’s Go!! (新しいウィンドウが開きます)

『発達障害ってなんだろう?』


街中や公共交通機関、社会の様々な場所で見かけた時に、
びっくりしたり冷ややかな目を向けたりしないで 「今なにか楽しんでいるんだな」 「なにか困っているのかな」 と思ってくれたらいいな。






昨日梅雨明け宣言が出されたこちらは、今朝も早よから気温がぐんぐん上がり、とても暑い海の日となりました。
我が家の姫様・アイナ様は暑さが苦手で、梅雨明けとともにやってきた真夏の太陽にあっという間にやられています。

昨日もお友達のお父さんが付き添いしてくれて午前中からボウリングに出かけ、みんなでお昼ご飯も食べてマンション内の共用スペース(室内)でクーラーかけて過ごしていたはずなのに、16時過ぎに帰ってきたとたん
「疲れて眠い…」
と、結局19時ぐらいまで昼寝。
喉と鼻をやられて軽い風邪気味でもあるんだけど、それにしても夏バテ早すぎ!!(>_<)

今日も午前中宿題に取り組んでいたんだけど、暑くて無理と訴えるのでエアコンつけてなんとかやり遂げたのね。 そのあと午後から散髪に行ったんだけど、ほんの少しの外出でこれまた暑さにやられたのか、夕飯前に
「疲れた。眠い…」
と。

一昨日も昨夜も22時には布団に入るようにさせたんだけど…体が暑さについていってないんだろうなぁ。
明日は特別水泳初日だけど、風邪気味だしこんな調子なので休ませるつもり。
熱中症予防のためにも、朝はお味噌汁飲ませないと!!


※ちなみにノンさんはとても元気です。
昨日はアイナがお友達と出かけた間にお父さんとちぃぞうと一緒にポケモンの映画を観に行きました。
好きなキャラがたくさん出てきたので興奮してました(笑)








アイナとノゾムの通う小学校も7月17日(金)で授業が終わり、翌日から夏休みに入りました。

まずは我が家の姫様・アイナさま(笑)。
アイナにとっては小学校生活最後の夏休みなので友達とたくさん遊ぶ夏にしてあげたかったんだけど、如何せんお稽古事のスケジュールがびっちり詰まっている+高学年自由参加の特別水泳にも申し込みをしてあるので、予定が空いているのは8月前半~お盆まで。
でも学校があるうちにしっかりと友達と約束はしてきたようで (←ちゃっかりしてる?しっかりしてる?) 何度か区内にある公園プールに出かける予定を入れていました。 えぇ、もちろんお抱え運転手 (=母ちゃん) の送迎付きですけどね!
特別水泳は小4から毎年参加しています。 7月中にある特水に参加すれば25m泳げる子は誰でも区大会に出場できるから、アイナはそれを楽しみにしてるんだよね。 まあ区大会とはいっても近隣小学校3校が集まるだけなんだけど、それでも ‘大会’ と名の付くものに出られるのはこの機会しかないのでアイナはすごく張り切っていて、さらにここでタイムが良いと8月下旬にある市大会にも出られるからひそかにそれを狙ってるのです。 小5だった昨年度は市大会のリレー戦の候補に挙がるも、結局は上級生にその座を譲ることになってしまって残念だったんだけど、今年は自分が最上級生なので更にチャンスがあると思っているようです。 ま、みんなそれなりに身体も大きくなっているのでなかなかそう簡単にはいかないと思うけど、あきらめずに頑張ってほしいものです。

夏休みに入る前には個人面談もありました。
昨年度と同じ先生が担任してくださっているんだけど、その先生から
『去年は影を潜めていたアイナの ‘こだわり’ がまた出てきている』
と言われました・・・・やっぱりか、家でもそうだもんな~。
実は小3~小4の頃にも ‘アイナルール’ を前面に押し出す傾向があって、特に算数なんかは自分のやり方が絶対!人の意見は聞きません!ってところがあって (・・・・とことんワンマンだな)、やっぱりそれも納得できないとそこから進めなくて。 でも徐々に人の意見も受け入れられる、許容範囲が広くなってきたね~って去年は言ってたんだけどねぇ。
アイナって疑問におもうと納得できるまでそこから先に進めないタイプだから、それってまぁ決して悪い事ではないし、わからないことをわからないままにしないという姿勢は買うんだけど、それを ‘とりあえず置いておく、後回しにする、さらっと流す’ ってことができなくて。 どうやら授業を止めちゃうこともあるようで注意されるようです・・・・・オイオイ 先生からも 『聞いてくれたらとことん付き合って答える気持ちはある。 けど、それは今じゃないよね?時と場合を選ぼうよ!ってことが増えてきて』 と言われて、母ちゃんおもわず苦笑い。 おまけに大人の話してることの矛盾点にも気付くようになって、そこを突いてくると・・・・(笑) これもいろいろなところに考えが及んだり、今までより視野が広がった故の言わば成長過程のうちなんだろうけどなー・・・・。 アイナの良いところを潰さず、けれど周りの様子や空気を読んで動けるようになってほしいなぁ。

さて、もう一人のかわいいかわいい息子・ノゾムさんで・す・が・・・・・。
まぁ今年度 蓋を開けてからというもの落ち着かないわ、荒れるわで、毎日ひやひやしながら生活をしています。 
週2で利用している放課後児童デイサービスも4月中は行けなくなってしまってお休み、GW明けてから様子を見ながら再開したものの、夏休み前になって本人が不安定のためまた利用できず。 
5月には療育センターに相談。 心理評価も、今回はいつもの田中ビネー式ではなくWISCという方式のもので行いました。 その結果、記憶や数字には強い傾向だけど、言語・言葉に関する領域は弱いとのこと。 自分の得意な分野の専門的で難しい言葉は良く知っているけれど、自分の気持ちや状況を言葉で伝えるのが苦手。 言葉の獲得がおくれているのとそれをどういう状況で使っていいかわからず、また言葉の意味と使うタイミングにズレがある。 他人が使った言葉で大人がうまく反応する姿を見て 「あの言葉を使うとうまく伝わる」 と習得するが、使う場面が間違っていたりするのでうまく伝わらず、結果パニックになる。 その心理評価をふまえて学校との引継ぎをしてもらい、その際にとにかく物的環境を変えないことと早急に落ち着ける環境づくりをするように働きかけてもらいました。 これは進級当初の環境が全く整っていなかったことがあったからです。 春休みはたかだか10日間。 在校生は前年度が終了した10日前と同じことが出来るように整えておいてくれたら良いだけなのに、それすらできていなかった。 先生方の人事異動はどうしようもないことだけど、あまりにも引継ぎがなされていないことが気になっていました。 
6月後半には療育センターの学齢担当の方が学校に様子を見に来てくださり、学習環境や生活環境のアドバイスをしてくださいました。 しかしそれとは別に保護者のほうにも学校に対する疑問点や問題点がたまりにたまってしまい、学校側と話し合いの機会を設けていただき、改善してほしいところや保護者が協力できるところなどを話し合い、これは改善を見守っている現況です。
環境の改善が少しずつ見られてきた7月、ようやくノゾムも学校のペースを少しだけ取り戻してきたようで1週間ぐらいは落ち着いて過ごせていたんだけど・・・・今度は 「学校行きたくない」 と登校拒否。 理由はそれなりにあるんだけど (勉強が難しいとか友達が邪魔するとか・・・・) ただ、行きたくないというのが毎日ではなくムラがあるのでよくわかんなくて。 母ちゃんが仕事の日に嫌がる日もあれば、仕事の日でもスキップしながら登校する日もあるし・・・・。 
自分の気持ちがわかってもらえないとなると叩く・蹴る・ものを投げるという行為がまた始まって、体も少し大きくなってきて力もついてきたから、当たり所が悪いとほんとに流血沙汰にもなるし・・・・それでこっちもムカッとなっちゃうし・・・・・。
ノゾムのその日の様子でこっちのメンタルも引きずられちゃって最悪・・・・強い母ちゃんにならないとなのになぁ。
療育センターで診察もしてもらったんだけど、ようするに反抗期かなって。 だから成長の過程ではあるんだけど、視野が広がって見えるものが増えて、見たくないものも増えて、そういう時に自分の気持ちをわかってもらいたいんだけど言葉にできないからイライラも募ったり、人に指図されるのが嫌な時期だからそれで暴れちゃったりっていうことらしいです。 衝動を抑えるお薬もあるけど、でも落ち着いているときは穏やかだし今はそちらのほうが占めている割合が圧倒的に多いから、わざわざ薬で抑え込むことはしなくてもいいでしょうと。 困ったことを言葉で伝えられたり自分で逃げ場に行くとか、最終的にはそういうことが出来るようにしていくけど、今は怒った時には蓋をしないで発散させて、クールダウンしてから反省を促すっていうようにしていきましょうと言われました。
そっか、反抗期か・・・・・そっか、ノゾムにも反抗期ってあるんだなぁ。
難しいお年頃なのかなぁ・・・・。
ノゾムの取扱説明書、どこに行けば手に入るのかなぁ。

夏休み明けがもうすでに怖くて怖くて仕方ない・・・・。






もうこんなに大きくなったのか・・・・と嬉しいような、ちょっと寂しいような。
今日はアイナの12歳のお誕生日です。

いよいよ小学校最後になり、最近は今月末に控えた運動会に向けて頑張っている日々。
昨年に引き続き運動会実行委員に立候補し、実行委員会内ではいろいろあったようだけど(委員長決めのときに担当の先生に 『2年連続で実行委員になったのはそれだけおもいがあるからでしょ?委員長にならないの?』 と促されたにもかかわらず、迷いに迷った挙句立候補せず。でも帰宅してから後悔して翌日先生に直談判に行ったがやはり時すでに遅しと却下。後悔の念から泣いていたと担任から報告あり。)運動会のスローガン作りやキャラクター作りなど、先生や友達と頭を突き合わせながら進めているとのこと。4年生ぐらいまではなかなか人の意見を受け入れられない頑固なところが目立っていたけど、そこも成長してきたかなぁ。
学年の演技練習にも 「これが最後だから」 と熱心に取り組んでいるみたい。
縦割りペアの一年生も自ら望んで個別支援級に在籍の女の子と組み、 「お母さん、あの子かわいいけどなかなか手ごわいわ。全部イヤイヤって言うもん。でも私ならそういうのも慣れてるしね」 なんて頼もしいのか自信過剰なのか(笑)。 でも一生懸命な姿を見たり先生から聞いたりしていると、アイナの負担にならない程度に頑張ってくれたら嬉しいなって思います。

これからますます成長して、難しい年頃になっていくんだと思う。(だって自分もそうだったもん!)
ぶつかり合うことも増えるんだろうな~。
でもお父さんもお母さんもアイナの味方なのはかわらないから。
だからいろんなことを話して家族みんなで一緒に歩いていこうね。
お誕生日おめでとう。






学校もスタートして2週間経ちました。
個別級には1年生が5人入ってきて、同じ教室で過ごす2・3年生はなんとなく落ち着かない感じがします。
在校生は今まで通りの生活が送れるよう、せめて物的環境ぐらいは整えておいて欲しいと思うんだけど。(たとえば朝の支度ができるように連絡帳や宿題を入れるカゴを昨年度通りに置いておくとか…難しいことではないと思うんだけどな)
継続の先生もみえるんだけど余裕ないのかしらね… (~_~;)

区内の個別級モデル校に通っているお友達に聞くと、毎年最初のひと月は個別級内のクラス編成は(仮)だそうな。
そのひと月でそれぞれの理解度や特性を把握し、学年関係なく特性の似た子どもたちを集めたクラスを再編成するんだって。
羨ましいなぁ。
学年横並びにこだわるどこぞの学校とは大違いだわ。

どうして同じ個別級なのにこんなに差があるんだろうって不思議でならない。
こんな不満を常に抱えながら卒業まで過ごしていかなきゃなのかな?ってため息ばっかり。
面談などで先生たちや校長先生にこの2年いろいろ訴えてはきたけど、変わる・変える様子もないし…とくに新年度スタート時にはバタバタな感じが丸見えで、ほんとにこれでいいのかってそればかり考えちゃう。

あーあ、今日は愚痴ばっかりで…ごめんなさい。







新年度がスタートしました。
アイナはいよいよ最高学年の6年生、ノゾムは3年生です。
昨日入学式の前に在校生の始業式があり、ノゾムの登校付き添いがてらそのままグランドの片隅で見ていたんだけど、クラス分けから担任発表まで子どもたちもいちいちどよめいたり歓声上がったり(笑)…いやぁ先生の人気の度合いもわかってシビアだねー(笑)

アイナは担任もかわらずで、本人もホッとしたようなちょっぴり残念なような。
でもよく見ていてくださる先生なので親としてはホッ。
本人は昨年度のクラスがとてもまとまりがあってよかったらしいので新年度のクラス編成に不満と言うか不安と言うか(笑)を抱いているみたいだけど、新クラスもまだ始まったばっかり。これからみんなで作り上げていけばいいんだよと話しておきました。

ノゾムのほうはというと個別級の担任数は5名でかわらずです。
内訳としては2名は昨年度から引き続き、1名は一昨年冬から産休・育休に入っていた先生、更に1名は昨年度アイナたちの学年を担任していた元気な若い先生、そして残りの1名は新任の先生です。
とても残念だったのは昨年度末でみんな大好きなH先生が退職されてしまったこと。 地元に戻ってそちらの小学校で勤務されるとのことでした。
若い先生でいろんな事にとても前向きに対処してくださっていたし、家庭ではこういうやり方だとスムーズにできますと伝えると 『じゃあやってみます!』 と有効な手立てはなんでも実践しようとしてくださって、個別級のママ達みんなが絶大なる信頼を寄せる先生だったので、退職されると知ったのが年度末の終了式前日でもう個別級のママたち大号泣!
いきなり知らされた子どもたちも号泣する子続出で(残念ながらノゾムはそういう感情は希薄)、先生たちもなみだ涙だったそうな・・・・そりゃそうだよ~~! (T ^ T)
でもきっとH先生なら新天地でも児童からも保護者からも慕われる素敵な先生になると思います。
親子共々、遠く離れた地からだけど応援しています!

今年度のノゾムの目標。
本人の口からは 「漢字と割り算を頑張る!」 と出ました。
母ちゃんからは 「嫌だなとおもうこともちょっとがんばる」 と提案。
 「疲れるから行かない。寒いから行かない」 といろいろ理由を付けて町探検に行かなかったり 「やりたくない」 って突っぱねることが多かった昨年度。
自分の意思を言葉で言えるようになったのは進歩だけど 「嫌だから行かなくてもいい、やりたくないからやらなくてもいい」 ってのは大きくなった時に困っちゃうもんね。
だから今年度は嫌なことでもほんのちょっとだけ頑張れたらかっこいいな!ってノゾムにも話しました。
本人の負担が大きくならないよう、ストレスがたまらないように様子を見ながら、1年後には目標が達成できたって言えるといいな。




ランキング参加中です☆ よろしければぽちっとな!

blogram投票ボタン  育児ブログ・ランキング

アクセス数


現在の閲覧者数

ちぃぞう

Author:ちぃぞう
関東在住の2児のママです

★ Favorite ★
スキー
関ジャニ∞
劇団四季
ダイビング
(でもすっかり丘ダイバー)

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。