*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


4月5日(金) 暖かい春の日差しの中、無事にノゾムの入学式を迎えることが出来ました。

   IMG_3551.jpg

   IMG_3553.jpg

前日に学校側の配慮で支援級に入る新1年生を対象に
入学式の会場見学と交流級・支援級の教室見学をさせてもらいました。
そのおかげか40分ほどの予定の入学式も最後まで参加することが出来てホッとしました。
式後は交流級(ノゾムは1年4組)に行き、教科書などの配布物を受け取り。
ここではさすがに飽きてきたのもあって落ち着きなく、
立ち歩きそうになるのをノゾムの好きそうな話題を振ったり教科書を見たりしてやり過ごす。
そのあと改めて個別支援級のほうに出向き、そちらでも簡単な挨拶などを済ませました。
支援級の新1年生は4名(男児1名・女児3名)、全学年で18名に対し先生は5名です。
前年度と教室の配置がガラッと変わり、おそらく在校生も慣れるまでは落ち着かないだろうから
先生も生徒も腰を据えて取り組めるようになるのは6月くらいかもねー。

土日を挟んで昨日は初登校。
ランドセルを背負って片道35分、坂道を登ったり下りたりしながら歩きます。

   IMG_3570.jpg

先生からは登下校は付き添ってくださいと言われているのでちぃぞうはこれを毎日2往復・・・・あーしんど!!
支援級に到着したらまずは朝のお仕度。
提出物を出し、筆箱は机の中へ、それが終わったらランドセルをロッカーへ。
先生に指示されながら戸惑いつつ緊張しつつもやっていました。
初日は2時間で下校。
お迎えに行って 「今日はなにしたの?」 と聞けば
「字をかいて、しゃしんとった!」 って教えてくれました。
うちの小学校は入学式の翌日に1年生の集合写真撮影があるのよね。
そのことも含めてちゃーんとお話してくれて嬉しかったな。
毎日1時間目は朝の会で、その日のスケジュールを書くんだけどノゾムなりに上手に書いてありました。

そして今日は2日目。
登校中、ルートを半分ぐらい来たところで出ました・・・・「つかれた。」
それをだましだまししながら学校まで歩いたんだけど、そしたら今度は 「おちゃ!」
・・・・しまった、持ってきてない。
それを伝えると 「おちゃのむの!」 と泣き出し、お水を飲もう!と誘ってもダメ。
副校長先生が声をかけてくださったけどぜんぜんダメで・・・・ごめんよぉー。
なんとか抱っこして教室に入るも 「かえる!いかない!」 を連発。
「じゃあ今からお茶を取ってくるからお仕度して待ってて」 と言ったら相当渋々納得したので
あとは先生に任せて帰宅しましたが・・・・初っ端からノゾムの特徴である譲れない部分が出てしまった。
最終的には折り合いをつけることが出来たけど、お茶を欲しがることは予測できていただけに
持ってこなかったのが完全に母ちゃんのミスだね
3時間で終了だったので時間に迎えに行ったら本人はケロッとしていて
「(僕が)あそんでいるあいだ、おかあさんなにしてた?」 と聞くので
「洗濯物干して掃除してたよ」 と答えたら満足そうな顔をしていました。
でも帰り道も長かったーーー!!!
やっぱりルート半分ぐらいのところで母の前に回り込み、腕を広げて 「つかれた。だっこ!」
出たよ! むり、無理、ムリーーーー!!!
総重量何キロあるのよ
断ったら今度は背中に周りこんで 「おんぶ!」 って・・・・・コラコラ。
これまたなんとかだましだまししながらでお家まで歩いてくれたからよかったけど
慣れるまで相当大変だろうな・・・・・。
ちなみに往路は40分、復路は55分かかりました


そして4年生に進級したアイナは4年1組になりました。
いつも登下校や遊びを一緒にしている仲良しグループの子は一人もいなくて残念がってたけど
それぐらいでは大きく動じたりするタイプではないのでね。
クラスの子とさっそく大縄跳びをして楽しんでいるみたい。
4年生からはクラブ活動が始まるので3年生の終わりに体験をして、その時にはバトンクラブにすると言ってたけど
今日最終希望調査があったみたいで第一希望をバトミントンにしたんだって。
始まるのはもう少し先みたいです。
楽しみだねー。
ノゾムが入学する前は 「ノンちゃんのクラスに行く!」 って張り切ってたんだけど
ここにきて支援級に足を運ぶことを躊躇しているようです。
でもそれは当たり前の反応だと思うし、きっと嬉しい気持ちと不安な気持ちがあるよね。
年明け頃だったか
「ノゾムのことを知っている子はいいけど、そうじゃない子にノゾムが支援級なことを知られるのがイヤ」
と言ってました。
周りの反応は確かに怖い。
受け入れてもらえるのか、それとも嘲笑われるのか。
反応次第では時にきょうだいの存在を疎ましく感じることもあるかもしれない。
でもそれもアリなのかなと思います。
アイナの気持ちをいつも受け止めてあげられるように心の準備をしておこう。


アイナにもノゾムにも素晴らしい一年でありますように。





いつも拍手をありがとうございます。 とっても嬉しいです。
blogram投票ボタン  
★ランキング参加中です。よろしければポチッとな



この記事へコメントする















ランキング参加中です☆ よろしければぽちっとな!

blogram投票ボタン  育児ブログ・ランキング

アクセス数


現在の閲覧者数

ちぃぞう

Author:ちぃぞう
関東在住の2児のママです

★ Favorite ★
スキー
関ジャニ∞
劇団四季
ダイビング
(でもすっかり丘ダイバー)

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。