*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この2週間ぐらいかなぁ・・・・ぽぽぽん!!とノンさんの乳歯が立て続けに3本抜けました。
上の前歯1本と下の前歯の両側2本で、ニコッとすると歯がないので笑えます。
数日前に抜けた時はグラグラではあったけどまだ引っ張るにはなんとなく抵抗があって
こっちとしてはもう1日ぐらい待ちたいところだったんだけど
本人はもう気になっちゃって気になっちゃって
「とってーーー!!!」
とギャン泣き(笑)
なので意を決してピッ!!!と抜いたらノンさんはスッキリした顔をしていました。
・・・・ノゾム、恐るべし!!!


先々週台風で延期になった一年生の遠足は、1週間後の23日に無事に行くことが出来ました。
前回と似たようなルートで迫る台風の影響でまたもや延期か?とびくびくしていたけれど
当日は雲が広がって寒かったもののなんとか雨も降らずでノゾムも笑顔で出発。
お弁当もたくさん詰めたけどぺろりと食べたみたいだし、クラスのお友達とハンカチ落としをして遊んだとか
こちらがどうだった?って聞き出しながらだけどちょっとずつ様子を話してくれました。
6月の個別支援級の遠足も早く来た台風の影響で中止になってしまっていたので
延期と言えど今回はちゃんと行けたのでホッとしてます。



10月18日から週2回、ノゾムは児童デイサービスを利用し始めました。
都内数か所で展開している福祉サービス事業がうちの区内でもこの9月から開設されたのです。
ここは発達障害の子どもの自立支援に取り組んでいるところで、
わかりやすくいうと発達障害の子のための学童みたいなもの。
下校時刻にスタッフの方が学校まで迎えにきてくれて、そこから駅の近くの教室に移動。
教室で学習に取り組んだりおやつを食べたりしたあとに、療育活動の時間があって
そのあと帰りの会をして、またスタッフに自宅まで送ってもらうという内容です。
療育活動も創作活動だったりリトミックのような音楽活動だったり、集団活動をしたりと
日によっていろいろなことに取り組んでいく療育支援。
同じ個別支援級のママから夏休みに 『こんなのがスタートするよ』 と教えてもらい
パパと相談して利用することにしてみたのです。
ノゾムは普段は帰宅後に宿題とベネッセの通信教材‘チャレンジ一年生’に取り組んだ後は
家の中でのんびりまったりと過ごすことがほとんどです。
本人は時々 「○○くんとあそびたい」 「お友達とあそびたい」 と言うんだけど
学校などで先生を介して遊ぶのとは違い、
子どもたちのルールで子どもたちのペースで遊ぶ、それについていくのはけっこう難しくて・・・・。
(一年生の男の子たち、マンション内をあちこち走り回ったり、
 すごいのは結構なスピード出して自転車で公園内外を走ってるのよねー
 そりゃついていけんわー
学校でも放課後に過ごせる活動の場はあるし、もちろんそこも時々使うんだけど
大人数の中に入るので目が届きにくいのとノゾム自身が言葉でやりとりしながら遊ぶには難しい場面もあって
でも利用し始めた教室は定員10名に対しスタッフが5名なので目が行き届くし
なにしろ発達障害について理解のある人がスタッフなのでいいなーっていうのもある。
要求や選択なんかのコミュニケーション学習も取り入れたりと、療育の一環として考えたら
利用する価値もあるんじゃないかというのが親としての結論。
幸いにも、説明会や申し込みに出かけたときのノゾムの感触は良さそうだったし
18日の初日を終えて帰宅したときも笑顔で
「ペットボトルのボウリングやった!全部倒した!」
って教えてくれたり、連絡帳にも楽しそうに過ごせましたとあって、滑り出しも順調そう。
今日も同じ支援級のお友達が一緒だったのでノリノリで過ごせたと
送ってくれたスタッフさんから報告を受けました。
(ちなみに車&ドライバーさんは契約の方のようでその日によって違います。
 車内には教室のスタッフさんが1名乗り込んで帰宅のお手伝いをしてくれます。)


・・・・でもさー、一緒に申し込みをした、療育センター分室からのお友達のKくんのママは
学校にこういうのを利用しますって話をしたら
『お母さんがおうちで一緒に過ごしてあげたほうが本人もいいんじゃないですか?』
『そんなに遅くまでお仕事するつもりなんですか?』
って、暗に ‘ラクしようとしてるんじゃないの?’ って感じで言われたんだって。
それを聞いたらなんかね、ちょっと・・・・考えちゃって。
そりゃー送迎付きだから利用日はお迎えに行く手間は省けるし、その時間を使って他の事できるし
もちろん自分の用事で出かけることもできるよ、正直言って。
でもそれってしちゃいけないことなのかなぁ?
障害の子を持ったらもうその子の事だけを考えて、自分の時間はゼロにしなきゃダメ?
もちろん私は常にノゾムの現状、将来の事、いろんなことを常に考えてる。
アイナのことも考えてるけど、それ以上にノゾムの将来像を考えて
今なにが問題なのか、問題の下にはどんな原因があるのか、今なにをするべきか・・・・
ぽや~んと生きてるように見えるけどそれなりに考えてるつもり。
Kくんのママだってほかのママだってみんなそう。
それぞれタイプが違うから困るところも悩みも違うけど、みんな子どもの事を真剣に考えてる。
子どもに無理をさせるつもりはないけど、ホッと息をつく時間を持たせてくれてもいいんじゃないかなーって。
Kくんママの話を聞いてそんなことを考えたちぃぞうでした。






この記事へコメントする















ランキング参加中です☆ よろしければぽちっとな!

blogram投票ボタン  育児ブログ・ランキング

アクセス数


現在の閲覧者数

ちぃぞう

Author:ちぃぞう
関東在住の2児のママです

★ Favorite ★
スキー
関ジャニ∞
劇団四季
ダイビング
(でもすっかり丘ダイバー)

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。