*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨年は個別支援級の担任が病気療養や産休のために担任がコロコロと変わったり、初めての学校生活で慣れないことが多すぎたのか、秋ごろから徐々にノゾムのリズムが崩れていき、お友達とのトラブルや家の中のものを壊すということもあって落ち着かない数か月を過ごしたのを鮮明に覚えています。
今までにはあまり見たことのない荒れっぷりだったのでこっちも精神的にすごくキツかった。

なので今年も秋口からちょっと心配ではあったのですが、今のところ大きな乱れもなくむしろ落ち着いていて、学校のほうでも家の中でもなにかをやるときの入りが良いような気がします。
個別支援級のママからも 『ノンちゃん最近調子いいね』 と言われたり、担任の先生にも 『今日はとっても頑張りました』 とか 『やりたくない気持ちが先行してなかなか切り替えがうまくいかなかったけれど、どうやって取り組むか提案したり譲歩したりすることでやり遂げることが出来ました』 と言われることが多いような気がします。

じぁあ、なんでノゾムが落ち着いているか。
その原因を考えると、ひとつには利用している児童デイサービスのことがあるかなーと。

ノゾムは週に2回、学校帰りに児童デイサービスを利用しています。 下校時間にスタッフさんが迎えに来てくれて夕方まで児童デイの教室でおやつを食べたり40分ほどの療育を受けたりして、あとはお家まで送ってもらいます。 同じ学校の個別支援級で利用しているお友達が他にも二人いるんだけど、今まで週2利用のうち1回はノゾム一人だけで行く曜日があったのね。 お友達と一緒に行く日はすんなりと引継ぎが出来るようなんだけど、一人で行く日は最初は良かったものの次第に嫌がるようになって。 引継ぎのタイミングで学校内を逃げ回ったり、結局利用できずにちぃぞうが学校まで迎えに行く・・・・・ということが度重なって、学校の先生や児童デイのスタッフさんとも話し合っていろんな方法を試したんだけどそれにも限界がきて。
で、たまたま空きが出来たので週2ともにお友達と一緒に行けるように利用日の変更をしてみたんです。 

変更してひと月が立ったけどどうやら毎回の引継ぎもうまくいっているみたいだし、児童デイのほうに行っても落ち着いて過ごせているようです。 それと共に(興味のない授業の時の離席やら、気に入らない時のパニックはあるものの)学校のほうでの姿も落ち着いているようで、あぁノゾムに無理させてたんだなぁって、悪かったなぁって反省でした。
嫌がっているときにノゾムにその理由を聞いてみたことがあったんだけど、児童デイのおもちゃが古いから (←実際は開室して一年なので古いわけがない) とかお家でテレビが見たいとか言うことはあるんだけど、それがほんとの理由とは思えなくて・・・・でもノゾムの気持ちがうまく汲み取れなくて。
ノゾムなりにいろんなSOSを出してたんだからそこをきちんと拾ってあげないといけない。

「なにか問題が起こった時に、表面化している問題は氷山の一角であって原因となる事柄は水面下に大きくあるもの」

地域療育センターに通園措置となる前に通ったグループ活動、その時にこの ‘氷山モデル’ を勉強しました。 頭の片隅に常にこれを忘れず、現状と照らし合わせながら今なにをするべきかいろんな方法を考えていかないと。 そのための引き出しをたくさん作っておかなきゃだな。






この記事へコメントする















ランキング参加中です☆ よろしければぽちっとな!

blogram投票ボタン  育児ブログ・ランキング

アクセス数


現在の閲覧者数

ちぃぞう

Author:ちぃぞう
関東在住の2児のママです

★ Favorite ★
スキー
関ジャニ∞
劇団四季
ダイビング
(でもすっかり丘ダイバー)

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。